TOP
52.02score

トマタマ

メリットを実感!終身保険に乗り換える前提で掛け捨てを選ぶ。

保険に入る際にまずやってくる選択肢がありました。
それは、

・終身
・定期(掛け捨て)

どちらにも魅力があります。
調べてみると、

・終身→一生涯の保障。
・定期→満期が来たら保障は終わり。

これだけをみるとやはり、終身か?と心が揺らぎますが、終身の値段は定期と比べると高い。最終的には戻ってくるお金だとしても、毎月の出費には少々ハードルが上がることも確かです。

もし終身保険を途中解約する事態になったら、解約金がかかってしまいます。ある程度先の未来まで収入が安定すると見込める場合には終身を選ぶのも得策だと思います。家族ができ、子供に残すお金や保障を得るためには、生涯保証の終身保険が良いでしょう。

色々と考えた結果、現在自分で選んだのは掛け捨てです。

掛け捨てというと損をするというようなイメージがありましたが、計算してみると、途中解約をした場合は終身の方がマイナスになる可能性があります。途中解約をしなかった場合でも、保障分は戻ってこないので、貯蓄分のみ戻ってくることになります。貯蓄を他で行うと決めれば、掛け捨ては損をするということではないことが実感出来ます。

保険の保障は大事。だから、保険には入ります。でも現状では貯蓄となると保険を使用しなくても良いのではと考えました。
なので、貯蓄分として支払う終身保険の料金を投資信託や外貨預金に回そうと決めました。

投資信託や外貨預金は、リスクもあります。元本割れをすればマイナスです。ですが、プラスになる楽しみもあり、自分で世の中の動向を日々調べながら投資するのも楽しい。掛け捨ての保険に入っていれば、保険の保障はついてくるわけですから、安心感があります。
その安心感があるからこそ貯蓄の部分で行う少しの冒険がより楽しく、メリットを感じます。

これは現在独り身だからできることなのかもしれません。今は健康で仕事をし、趣味も充実しています。クリアな頭で金銭の管理もできます。

一方、年齢が高くなれば、一般的には病気にかかる可能性も高くなり、乗り換えも難しくなる場合もあるでしょう。
そのため、そう遠くない将来、
自分の老後や遺族に残すお金、死亡整理金のことを考える時がきたら、保険料が一生涯変わらないという特徴が魅力の終身保険に乗り換えようと思っています。

乗り換えるという前提で考えると、マメに保障内容の見直しのチェックをしようと思える点でも定期保険はメリットを感じています。

日々医療は進化し、それに対しての保障内容も変化し続けています。終身保険は入りっぱなしで安心してしまい、保障内容を見直すチャンスを作るのが今は難しいと感じています。

人生予定通りになんていくことはないと思っていますが、今の状態は気に入っています。

.

最終更新日:2016-02-06 00:29

コメント (0)