TOP
42.81score

トマタマ

もっと同じ種類の猫がいるカフェだったらなぁ〜

猫は色々な種類がいます。
猫好きは、確かにどの種類の猫を見ても、「かわいい」と感じるのですが、猫カフェの醍醐味はなんといっても沢山の猫に触れ合えるということ。
なので、大好きな種類の猫に沢山囲まれてみたいなぁと思うのです。

先日、ベンガルのみが沢山いる猫カフェに行ってきました。
ベンガルの森と称して、ヒョウ柄のベンガルにぴったりの演出です。
「これは、家で飼う猫の楽しみ方とは全く違う!」
と、感動しました。
多くのベンガルがジャングルのような空間を行ったり来たり。
家で一匹をかわいがる感覚とは全く違って、エンタテイメント性を強く感じました。
「また行きたい!」
家に帰る前からそう思うほどでした。

この経験をして思ったのは、種別に分かれている猫カフェがもっとあったらいいのになぁということ。

・アメリカンショートヘアーカフェ
・チンチラカフェ
・ぺルシャカフェ
・マンチカンカフェetc...

それぞれの猫の特性(その種の歴史や、特徴、性格など)を知るパネルなんかがあったりすると、より深く猫を知ることができ、今後猫を飼おうという場合にも、役立ちそうだなぁと思いました。
例えば、ベンガルは、猫にとってはめずらしく、水が好きという事を知ったのもベンガルの森でした。

猫カフェ自体が猫にとって幸せな空間かどうかという問題はありますが、その点を一旦置いておけるなら、猫を愛する者として、ただ単純に猫に癒されに行くのではなく、猫を良くしるきっかけとしての空間になれば、、と思います。

猫の種によって好みの空間を作ることができれば、もっともっと猫も人間もハッピーな空間になるのでは、と、今後の猫カフェに期待しています。

.

最終更新日:2017-02-06 17:15

コメント (0)