TOP
53.18score

トマタマ

出産時の入院にも使える!女性特有の病気に備える保険がオススメ

独身時代にまず入っておくべき保険は医療保険です。何故なら、急に入院や手術となった場合、仕事を休まなくてはならず、休んでいる間も給料が変わりなく貰えるのなら良いですが、有給を消化しても足りない分や、全くもらえない場合にダメージが大きいからです。
お金が稼げない上に医療費や入院費がかかってしまっては精神的にも不安になるものです。そのため、医療保険はとても大切です。

結婚後も医療保険は大切なのですが、是非結婚前に入っておきたいのが女性特有の病気に備えた保険です。
女性特有の病気というと、乳がんや子宮がんなどを思い浮かべる方も多くいらっしゃると思います。ですがこの保険、出産に伴う入院もカバーしています。切迫早産になる可能性や、帝王切開になる可能性は誰しもゼロではありません。赤ちゃんを安心して産む環境を作るために入っておきたい保険です。

結婚前は結婚式を行う場合は様々な準備が必要となり、時間もお金もかかります。結婚後も様々な手続きなどで忙しくなるでしょう。

赤ちゃんは色々なことが落ち着いてからでいいから保険もそのうちに。と思っていると、思いがけない落とし穴に遭遇する可能性もあります。

例えば、妊娠が発覚して婦人科を受診した際に婦人系の病気が見つかり、治療が必要となる場合もあります。そうなると、保険の審査に通るまでに時間がかかってしまったり、最悪の場合には保険加入を断念せざるを得ないこともあります。
「もっと前から入っておけば良かった。」
という状況にならないためにも、結婚前から入っておくことをオススメします。

具体的に入る保険の探した方は、幾つかの保険を比較してから決めると良いでしょう。自分の希望を明確にもっていれば、数多くある保険の中から自分にピッタリのものが見つかりやすくなります。

保険を比較検討するには、資料を一括で無料請求できるサイトから要請をしたり、街中にある保険ショップ、銀行でも話を聞くことができます。毎月支払う保険のため、契約をする保険はきちんと自分で決めたいものです。

比較検討する時間が取りやすい時期を考えると、結婚前の方が自由に時間を作りやすい場合も多くあるのではないでしょうか。

結婚前に1度保険に入っておき、結婚後、保険内容の見直し時に自分の環境を肌で感じ、更に必要なもの、いらないもの、を見極めてより良い状態にしていくことが理想的です。

幸せな結婚生活のサポートに、是非1度検討してみてはいかがでしょうか。

.

最終更新日:2016-02-23 17:25

コメント (0)